松下電建株式会社は、日本政府と共にSDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

 

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、2016年から2030年までの国際目標で格差の問題、持続可能な消費や生産、気候変動対策を含む全ての国に適用される普遍的な17の目標と169のターゲットから構成されています。


再生可能エネルギーの持続的な普及に貢献します!

 

松下電建株式会社では、これまでに住宅、工場、遊休地などに200を超える太陽光発電システムを設計施工して再生可能エネルギーの普及に努め、CO2削減を目指してまいります。

システムメンテナンスを含めて再生可能エネルギーを提供する事、省エネ設備を提案して電力使用効率を上げることなどを通じて、低炭素社会の実現に向けて努力しています。

また、水力発電、地熱発電にも積極的に参加して、クリーンなエネルギーの自給率を1%でも上げることを目指していきます。

 


様々な働き方を実現

松下電建株式会社では、女性スタッフや外国人研修生も活躍しています。

働きやすい社風や社員全員が活き活きと活躍できる環境を実現することは、これからの日本で最も大切な取り組みの1つだと当社は考えています。

岐阜県ワーク・ライフ・バランスに登録し、取組を進めることにより、優秀な人材の確保・定着、社員の意識向上、業務の効率化、自らの意欲や能力でさまざまな働き方、生き方に挑戦できる会社を目指しています。

性別や人種を問わず、お互いに支え合い、仕事のやり甲斐や社会への貢献活動を通じて、一人ひとりが輝く会社を目指してまいります。


防災協定を結び安心安全なまちづくりに努めます

松下電建株式会社では、安心して住み続けられる町づくりに寄与できるように、「岐阜電業協会・飛騨三協防災対策協議会・富山電業協会」と通じ2県にまたがり防災協定を締結しており、災害時や緊急時に市民の皆さんが安心・安全を提供できるように努めてまいります。

2015年より、大学への進学を希望する学生をサポートする目的で、将来の地元就職者に独自の奨学金制度を創設し、地域に根ざす企業として、地域の未来のために出来る限りのことをしていきたい考えています。

また、地元行事、例祭等、様々なコミュニティに積極的に参加やお手伝いで地域における、老若男女皆が住み続けたいと思える理想のまちづくり接続可能な住みやすい街の実現を目指します。

 


多様な組織・企業間でパートナーシップを結んでいます

異なる背景を持つ人達が、多様なアイデアを持ち寄ることで事業の更なる可能性が広がります。松下電建株式会社では、新エネルギー革命会、松友研究会などでの活動を通じて、同業種・異業種間の連携を強め、より多くの人達が、お互いに利他の精神の元、パートナーシップを通じて取り組むことで持続可能な開発目標の加速を目指しています。

 


質の高い教育で社員を支援します。

松下電建株式会社では、社員研修や社員教育・専門資格の取得を奨励・支援し、従業員の自己開発および能力開発の向上をサポートします。

月2回の啓発勉強会、各種資格取得勉強会を通じて、「なにかできることをひとつ」の“気づき”から始め、社会性・人間力を高めやりがいを感じられる職場環境の実現を目指しています。


松下電建株式会社は、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けて事業を展開していくことが重要だと考えます。現在も、事業特性を踏まえ、SDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出し、それらの解決に向けたサービス展開をしています。

引き続きこれら課題の解決に向けた事業を積極的に推進していきます。

また、国道41号線沿いの、通行車両が多く目に付きやすい場所に看板を設置し、「SDGs」の啓蒙活動を行っております。

松下電建株式会社

<ホームページはこちら>

〒506-1161 岐阜県飛騨市神岡町船津1478

Tel: (0578)82-0417

フリーダイヤル

0120-0417-44